Unix/Linux+Perlでポータブルなサーバー管理入門

相対パスとは

相対パスとは、カレントディレクトリを起点とした相対的なパスのことです。パスという言葉は、ファイル名とディレクトリ名の両方を含んでいます。

# 相対パス
foo
foo/bar
foo/bar/baz

foo.txt
foo/bar.pl
foo/bar/baz.tar.gz

Linuxは、「/」で始まらないパスを、相対パスとして認識します。絶対パスとは異なり、先頭が「/」で始まらないことに注意してください。

相対パスを使ったサンプル

cdコマンドで相対パスを使う

cdコマンドで相対パスを使うサンプルです。

cd foo/bar

カレントディレクトリが「/home/kimoto」であった場合は「/home/kimoto/foo/bar」にカレントディレクトリを変更します。

カレントディレクトリが「/home/kimoto/labo」であった場合は「/home/kimoto/labo/foo/bar」にカレントディレクトリを変更します。

相対パスが、カレントディレクトリを基準としているということに注目してください。

lsコマンドで相対パスを使う

lsコマンドで相対パスを使うサンプルです。

ls foo/bar

カレントディレクトリが「/home/kimoto」であった場合は、「/home/kimoto/foo/bar」に存在するファイルの一覧を表示します。

カレントディレクトリが「/home/kimoto/labo」であった場合は「/home/kimoto/labo/foo/bar」に存在するファイルの一覧を表示します。

その他のコマンドで相対パスを使う

touchコマンドmkdirコマンドrmdirコマンドrmコマンドなど、Linuxのすべてのコマンドで、相対パスを利用することができます。

touch foo/bar
mkdir foo/bar
rmdir foo/bar
rm foo/bar

すべてのLinuxコマンドは、相対パスを認識するように作られています。

Unix/Linux+Perlでポータブルなサーバー管理入門のご紹介