Linuxサーバー管理入門 - Linuxサーバー管理でPerlを使う

cpコマンド - ファイルをコピーする

cpコマンドを使用すると、ファイルをコピーすることができます。元のファイル名のファイル内容が、新しいファイル名でコピーされます。cpの名前はcopyに由来しています。

cp 元のファイル名 新しいファイル名

cpコマンドでファイルのコピーを行うサンプルです。foo.txtの内容が、bar.txtにコピーされます。

cp foo.txt bar.txt

ディレクトリをコピーする - cpコマンドの「-r」オプション

ディレクトリをコピーするには「-r」オプションを使用します。rは、recursive(再帰的)に由来しています。

cp -r 元のディレクトリ名 新しいディレクトリ名

ディレクトリのコピーという処理は、実際には、ファイルを再帰的にコピーするという処理なんです。

「cp -r」で、ディレクトリのコピーを行うサンプルです。dir1に含まれるすべてのファイルが、dir2にコピーされます。

cp -r dir1 dir2

ヘルプを表示する --helpオプション

ヘルプを表示するには「--help」オプションを使用します。

cp --help

ヘルプが表示されます。

Usage: cp [OPTION]... [-T] SOURCE DEST
  or:  cp [OPTION]... SOURCE... DIRECTORY
  or:  cp [OPTION]... -t DIRECTORY SOURCE...
Copy SOURCE to DEST, or multiple SOURCE(s) to DIRECTORY.

Mandatory arguments to long options are mandatory for short options too.
  -a, --archive                same as -dR --preserve=all
      --backup[=CONTROL]       make a backup of each existing destination file
  -b                           like --backup but does not accept an argument
      --copy-contents          copy contents of special files when recursive
  -d                           same as --no-dereference --preserve=link
  -f, --force                  if an existing destination file cannot be
                                 opened, remove it and try again
  -i, --interactive            prompt before overwrite
  -H                           follow command-line symbolic links
  -l, --link                   link files instead of copying
  -L, --dereference            always follow symbolic links
  -P, --no-dereference         never follow symbolic links
  -p                           same as --preserve=mode,ownership,timestamps
      --preserve[=ATTR_LIST]   preserve the specified attributes (default:
                                 mode,ownership,timestamps), if possible
                                 additional attributes: context, links,
                                 xattr, all
  -c                           same as --preserve=context
      --no-preserve=ATTR_LIST  don't preserve the specified attributes
      --parents                use full source file name under DIRECTORY
  -R, -r, --recursive          copy directories recursively
      --remove-destination     remove each existing destination file before
                                 attempting to open it (contrast with --force)
      --sparse=WHEN            control creation of sparse files
      --strip-trailing-slashes remove any trailing slashes from each SOURCE
                                 argument
  -s, --symbolic-link          make symbolic links instead of copying
  -S, --suffix=SUFFIX          override the usual backup suffix
  -t, --target-directory=DIRECTORY  copy all SOURCE arguments into DIRECTORY
  -T, --no-target-directory    treat DEST as a normal file
  -u, --update                 copy only when the SOURCE file is newer
                                 than the destination file or when the
                                 destination file is missing
  -v, --verbose                explain what is being done
  -x, --one-file-system        stay on this file system
  -Z, --context=CONTEXT        set security context of copy to CONTEXT
      --help     display this help and exit
      --version  output version information and exit