Perl開発者のためのLinux入門

SSHクライアントTeraTermの導入

 SSHサーバを使用してリモートログインする場合は、SSHに対応したクライアントアプリケーションが必要です。SSHに対応したクライアントアプリケーションには、Putty,Pedorosa,TeraTermなどがあります。ここでは、TeraTermを使用することにします。

TeraTermをダウンロードしてインストール

 以下のサイトからTeraTermをダウンロードしてインストールします。

>>

[http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/servernt/remote/utf8teraterm.html:title=Tera Term]

<<

公開鍵と秘密鍵のペアの作成

 SSHを使用してリモートログインをするためには、公開鍵と秘密鍵のペアを作成する必要があります。

1.TeraTermを起動して、メニューバーから「Setup」→「SSH KeyGenerator」を選択。
2.DSAにチェックを入れる。
3.Key passphrase にパスフレーズを入力 Confirm passphrase で再入力。
4.Generateをクリックして、公開鍵と秘密鍵を作成
5.Save puplic key をクリックして公開鍵を保存( id_dsa.pub )
6.Save private key をクリックして秘密鍵を保存( id_dsa )

 パスフレーズとは、パスワードのことです。SSHで接続するためには、公開鍵と秘密鍵のペアを作成します。公開鍵は後ほどサーバに移動させます。

公開鍵のアップロード

 公開鍵をアップロードします。いったん、ログインしたユーザのホームディレクトリにアップロードしておくことにしましょう。公開鍵は

id_dsa.pub

のほうです。秘密鍵と間違えないようにしましょう。

サーバでの作業

 ここからは、サーバでの設定作業に戻ります。サーバでの作業は[/blog/20090104123071.html:title=OpenSSHの導入]を見てください。

TeraTermからSSHで接続

 サーバでの設定作業が終われば、TeraTermでSSH接続です。TeraTermを起動して、サーバのIPアドレスを入力して、SSHにチェックを入れてOKを押します。SSH versionが SSH2 になっていることも確認しておきます。

 セキュリティ警告が出るかもしれませんが、OKを押します。

 

 SSH認証の画面がでるので、ユーザ名とパスフレーズを入力します。RSA/DSAにチェックを入れて、先ほど保存した秘密鍵( Private key file )を選択します。OKを押します。(画面が止まった場合は、TeraTermを再起動します。)

 接続できない場合は、/var/log/secure にエラーメッセージがでているはずです。